「ラ ロッシュ ポゼ」はアトピーでも使える日焼け止め。毎日使おう

ちょっとの時間でも油断禁物!

日焼け、いいはずがないですよね。肌へのダメージそのものですからね…。
顔は赤くなるし、皮膚はむけるし、ヒリヒリするし…。
夏でなくても、紫外線は1年中降り注いでいます。かつ、曇りの日でも肌へのダメージはほぼ変わりなくありますから、僕は雨の日以外はもう毎日(日に当たる時間がそれなりにありそうな日は)、日焼け止めを塗っています。

そうなるとアトピー的には、どの日焼け止めクリームがいいのか=使っても問題ないのか、という話になります。
ドラッグストア(薬局)にぷらっと見に行っても、あまりにもいろんな種類が売ってて、決められないんですよね。
特にアトピー肌の場合、成分に肌が合わなかったり、成分が強力すぎると肌が痛くなったり、下手したらアトピー悪化を招いたりと、こういうリスクがありますからね。やはり、たまらないです。

皮膚科で薦められた「ラロッシュポゼ(LA ROCHE-POSAY)」

僕は、シャンプーですら強力な成分が入っているものは体に合わなかったりして、肌につけたりするこの手のものにはどうしても疑心暗鬼がありました。そこで、何を買うか決めないでドラッグストア(薬局)に行っても選べないと思い、大学時代に当時通っていた皮膚科の先生にざっくり「日焼け止めは何がおすすめですか?」と聞きました。
そうすると「ラロッシュポゼ(LA ROCHE-POSAY)」なるフランス製の日焼け止めクリームを薦められ、テスターのような小さいサイズを何個かもらったので、恐る恐る使ってみることに。

何回か試してみて、僕の場合は特にアトピー悪化がなかったので、1本買って使ってみることにしました。それなので、もう使って10年以上経ちますね。この間、副作用みたいな部分も特に感じなかったですし、これのせいで肌トラブルが起きたことはありませんでした。

「ラロッシュポゼ(LA ROCHE-POSAY)」とは

・フランス製の、敏感肌の方ためのスキンケア用品メーカー、ブランド名
・世界で25000人の皮膚科医が採用している
・敏感な肌について日々研究を重ね、安全性が高いと考える成分を使用
・フランスの湧水、セレンを豊富に含んだ「ラロッシュポゼ ターマルウォーター」を配合

といった、敏感肌の人でも安心して使える製品(日焼け止めなど)を世に送り出している会社です。

「UV イデアXL」使って10年以上です

具体的に言うと僕が使っているのは
La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 【敏感肌用*日やけ止め・化粧下地】 UVイデア XL SPF50/PA++++ 30mL
になります。
UVイデアXL」が商品名です(笑)。最初、僕もわかりませんでした…。
「SPF」というのは日焼け止めの効果の高さをあらわす数値で、高いほうが日焼け止め効果は高くなります。50はけっこう高い数値で、日常生活では十分です。僕は山とかでも使ったことがありますが、山ですらも十分効果は実感できました。

「ラロッシュポゼ」だけで検索すると、通販サイトや楽天サイトでは似たような名前のものがたくさん並んでいて、説明も長ったらしいし、それぞれでどんな差があるのかわかりにくい感じで売られてるのがなんとも…なんですが。
僕が使っている「UVイデアXL」の特徴は、まず、「日焼け止め」であること。スプレー式でなく「クリーム式」であること。そして「無色」であることがポイントです。
以前、ファンデーションみたいに肌色のような色がついたUVイデアXLが安売りされていたので、買って使ってみたのですが、正直、男が使うとヘンな顔色になります(仲のいい女性から、面と向かって「その日焼け止め絶対(顔色が)おかしいからやめたほうがいいよ」と言われたのがトドメ笑)ので、色つきのものは男性へはおすすめしません。

1本3500円超とそれなりの値段はしますが、顔に使うものですし、何よりこれのせいでアトピー悪化はなかったというのが(僕の体質では)ありますので、安心感を買っているという意味でも、他を探すのが大変という意味でも、「ラロッシュポゼ UVイデアXL」に落ち着いて10年以上になっています。
実際、日焼け防止はできていると思いますしね。塗り忘れて夏なんかに外に出ると、泣きたくなるくらい顔が日に焼けるので、肌身離さず持ち歩くようにしています。家で塗り忘れても外出途中で塗ったりするためです。それくらい、ケアしてます。

1回で使う量は、僕の場合は顔に薄く塗る感じで、この使用量だと2-3ヶ月は持ちます。とはいえ、濃くぬった方が日焼け防止効果はその分高くなりますので、季節や太陽の強さで塗る濃さ(量)はそのつど調節しているつもりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする