象印の加湿器「EE-RN35」は手入れ簡単、清潔でオススメ

寒く、乾燥する季節になってきました。

暖房(エアコン)を使う毎日かと思います。

エアコンをつけると乾燥は更に厳しくなり、アトピー肌・乾燥肌には余計辛い…。
カピカピというか、ポロポロというか、潤いがいつも以上になくなるといいますか…。

僕の部屋はストーブの類が使用禁止というルールのマンションです。
実家は一軒家でした。その頃は、灯油ストーブの上(加熱部分)にやかんを置いて、
常にお湯を沸かしながら使っていたので、加湿効果もあり湿気はそれなりに補充できていました。もしこの環境が許されるなら、今でもこうしていたいところです…。

エアコンはそうはいきません。
どうしても加湿器のお世話になります。

ただ、加湿器もいろいろ種類があり、手入れのしにくいモノだと、逆にカビやホコリを撒き散らすという結果になってしまいますので、注意が必要です!

象印の加湿器「EE-RN35」が清潔、手入れ簡単で使える!

僕が昨年から使っているのが象印の加湿器「EE-RN35」です。

象印・・・?

あの、象印です。
魔法瓶とかポットの、象印。

魔法瓶の会社が加湿器なんて作ってたんですね~。
こちら加湿器、簡単に言うと「湯沸しポット」そのものです。

「湯沸しポット」の上蓋の部分を、通常のものから湯気が立つようなものに変更したような感じ…とでもいいましょうか。

このような感じです。
外観・見た目は多少、好みは分かれるかもしれません。
ですが機能は単純明快、パワフル、手入れが楽、かつ清潔
これがアトピー的に、使える理由かと思います。

象印「EE-RN35」が清潔に使い続けられる理由

加湿器は、一般的に4種類に分類されます。

気化式」=常温の水をフィルターに含ませ、そこに風を当てて送り出す
ハイブリッド式」=常温の水をフィルターに含ませ、そこに温めた風を当てて送り出す
超音波式」=常温の水を超音波で振動させ、細かいミストにして送り出す
スチーム式」=常温の水を沸騰させて、その蒸気で加湿する

気化式」「ハイブリッド式」の2つはフィルターを使うことが特徴です。
「フィルター」は、フィルターの宿命といいますか、きちんと定期的に手入れ・掃除ができればいいですが、そのままにしておくと割とすぐにゴミや水垢がたまって汚くなり、清潔な状態を保ちにくい性質があります。
そうなると、たまったカビやホコリを加湿器から部屋に撒き散らすことになります

いったいどれくらいの方がきちんと定期的にメンテナンスができるでしょうか?
少なくとも僕は無理だと思いました。(忙しいというのが理由ですが、基本は怠惰なので・・・)

仮に時間があったとしても、掃除の時にカビやホコリが飛散しそうで、結局後回しに・・・の繰り返しでした。
したがって、個人的には選択肢として厳しいように思いました。
「気化式」の加湿器は電気代が安いことが多いので、つけっぱなしにしておくには気分的・金銭的に楽ですが、清潔性を考えると…。「電気代」より大切なものが他にあるように、僕には思えました。

続いて「超音波式」。
こちらはフィルターは使わないのでフィルター汚れや清掃の必要はありませんが、水を入れておくタンクに雑菌が繁殖しやすいという欠点があります。
どの製品にもタンク抗菌とか書いてありますが、使い続ければやはり雑菌は繁殖します。
水を基本はいれっぱなしにしておくわけですから当たり前かもしれません。
したがって、こちらもタンクの定期的な清掃が必要ですが、清掃しやすい形のタンクならいいですが製品によってはそうでないものもあり、手入れを継続することが大変かと思います。
こちらも電気代が他の方式にくらべ安いところはメリットです。

そして「スチーム式」。
象印の加湿器「EE-RN35」はこのスチーム式です

スチーム式は、電気代は他に比べて高くなってしまうデメリットはあります。
しかし、水を沸騰させて蒸気で加熱するという仕組み上、
すべて煮沸殺菌されたものが蒸気として放出されます。
つまり、細菌を部屋に撒き散らす確立が一番低い
煮沸はタンク内でしているため、普通に使い続けていれば基本的には細菌の繁殖は起こりません。

僕の場合は1日3~4時間の使用で、手入れは3ヶ月に1回(つまり1シーズン2回)くらいで大丈夫でした。(それくらい見た目にカルキの汚れが現れなかったため)

ポットを想像してもらえれば分かるとおり、蓋をパカっとあければそこがタンクで、大きく口を開けている状態のため、楽に手入れ・掃除ができます。


フタを開けた状態。こう見ると、まんま湯沸しポットです。


蒸気の出口もフタが取り外せ、簡単に拭いて掃除ができます。他の加湿器では、掃除をしたくても届かない場所がでてきたりして、そこにホコリがたまったりしますが、この象印はその問題もクリア。

「EE-RN35」機能面ほか


操作部分はこんな感じ。
部屋の湿度に合わせた「自動モード」と単純に連続で加湿し続ける「連続モード」。
それぞれにタイマーが切2時間、入6時間と設定できます。

「チャイルドロック」があるのも子供さんがいる家庭には嬉しいかと思います。

いかがでしたでしょうか。
僕の部屋では、辛い冬に、大いに役立ってくれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする