「アトピスマイル クリーム」を1年以上使っている僕がまとめる効果・使用感・注意点

こんにちわ。

体質改善によってほぼ自力でアトピーを改善した、なお平です。

今回は「アトピスマイル クリーム」について
実際に1年以上使っている経験を元に、
改めて乾燥肌・アトピー肌における使用感とその効果をまとめてみます。

少しでも分かりやすくお伝えできればと思います。

「アトピスマイル クリーム」とは?

「アトピスマイル クリーム」とは、日本製医薬部外品クリームです。
無香料無着色の、伸びのいいタイプです。

保湿剤や抗炎症剤とは異なります。

クリームの成分「ライスパワーNo.11(あとで説明します)」によって
肌の水分保持機能の改善を行い肌のバリア機能を整えることで、
かゆみや炎症などが起こりにくい潤った肌の状態に導く効果があります。

乾燥肌や、敏感肌、刺激に弱い人、アトピー肌など、肌トラブルの多い方に向けのクリームで、米を原料としていて、ステロイドは入っていません

顔だけでなく体のどこにでも使用できます。
僕の場合は、冬は首周りがカサつくので、首にも塗っています。

開発・発売元は香川県にある「勇心酒造株式会社(ライスパワーショップ)」

クリームの成分「ライスパワーNO.11」とは、発売元の勇心酒造が、その名の通り「米」の力・成分に着目して開発した「皮膚水分保持能の改善」ができる有効成分です。

厚生労働省に認められ、有効成分として認可されている唯一の成分です。

肌に存在する保湿成分の「セラミド」を増やす働きがあります。
「セラミド」は年齢や肌荒れによって減少していくものです。

アトピーの人、カサカサしてしまう乾燥肌、敏感肌、インナードライ肌の方、
大人はもちろん、子供や赤ちゃんにも使えます。


塗ってすぐに肌になじみます。無色透明、テカることもありません。

「アトピスマイル クリーム」はどこで買える? 安く買うには!?

結論から言うと、一番安いのは公式サイト(ライスパワーショップ)です。

amazonだと販売元は同じなのに、なぜか約700円高い。
価格ドットコムはamazonに飛ばされます。
楽天では売ってないようです。

「アトピスマイル クリーム」は医薬部外品ですが、
そのへんの街のドラッグストアなどにはまず売っていない商品です。
探し回るのは労力の無駄だと思います。
僕も公式サイトから買っています。

公式サイトでの販売価格は
25gで通常2500円+税。
50gで通常4500円+税。

送料は、全国一律648円(税込)ですが、
「アトピスマイル クリーム 25g」を初めて購入の方は
1回かぎり、送料無料になっています。

使用量の目安(どれくらい持つかの目安)ですが、
僕の場合は、朝晩2回、顔にしっかり塗って
50gで2カ月半くらい使えています。

初回以降に継続して買う場合、
「定期購入」を利用することで継続して安く買うことができます

定期購入の場合
25gが2250円+税。(通常より250円安)
50gで4050円+税。(通常より450円安)
で購入できます。

この定期購入システムは携帯電話などと違い途中解約による違約金などは発生せず、
定期購入中でも休んだりなどが可能です(公式サイトのQ&Aに書いてあります)。
※解約や、お届けを休む場合は次のお届け予定日より10日前までに連絡が必要

したがって継続購入する場合でも、公式サイトからの定期購入が一番安いと思います。
さらに言うと、知らない間にポイントも結構たまって更に安く買えるようになります。

→公式ホームページを確認する

※販売サイトでは値段や送料などシステムが変わることがありえますので、ご確認は都度してください。

「アトピスマイル クリーム」は本当に効果があった?

はい!

最初にぶっちゃけておきます。

僕の場合は、大いに効果があり、肌の状態はかなり改善されました。

ただし!

「アトピスマイル クリーム」を使えばアトピーや乾燥肌は治る!など
そういった単純なことを申し上げるつもりはありません。

以下にその理由や、注意点を、体験を交え詳しく書いていきます。

以前はこういった付け根や関節のあたりは本当にひどかったですが、今は割と普通な感じになりました。顔なども似たように改善しています。

「アトピスマイル クリーム」の注意点/ステロイドとは何が違う? 副作用はある?

「アトピスマイル クリーム」は、皮膚科などで処方される「ステロイド」軟膏や、市販されている一般的な保湿剤とは性質が違います。なので、まずは「違うモノ」であるという認識を持つといいと思います。

外用薬の「ステロイド」には皮膚の炎症を抑える作用がありますが、
「アトピスマイルクリーム」にはステロイドは入っていないため、抗炎症作用はありません。

ステロイドが入っていないため、継続して使う分には安心感があります。
その反面、塗ってすぐに痒みや湿疹などが消える効果は高くありません。

ステロイドは強さにもよりますが、塗って効果が現れるまでに即効性があります(だいたい1~3日くらい)が、アトピスマイル クリームはそれに比べれば効果の現れ方はゆるやかです。

ステロイドは塗り続けていると皮膚を薄くしてしまうなどの副作用がありますが、
アトピスマイルは塗り続けることによる副作用はありません

ただし副作用以前に「使って合わない」ことは、人によってあると思います。(これはどの製品にもいえることです)

アトピスマイル クリームには「ベヘニルアルコール」というアルコール成分が入っています。
人によってはこのアルコールが肌に合わず、赤くなってしまっていると思われる方もまれにいらっしゃるようです。
(僕もアトピー体質なのでアルコールには強くないですが、この点は大丈夫でした)
心配な場合は、目立たない箇所でパッチテストなどをするといいと思います。

ちなみに「ステロイド」を使用中の方が、いきなりステロイドをやめて「アトピスマイルクリーム」だけにすることは、あまりおすすめしません。(あとで僕の体験談でも多少触れます)

それではなぜ、僕が1年以上使けているかを次で説明します。

「アトピスマイル クリーム」を使うのは、肌の内側から保湿機能を改善してくれるから

「アトピスマイル クリーム」の主な作用は、
自身の肌が持つ水分保持機能(保湿機能)を高めていくという効果です。
これにより、肌のバリア機能を正常に保てるようにし、肌をよくしようとします。

※肌のバリア機能とは、外界からの異物の侵入や攻撃から体を守り、その一方で体内から水分が蒸散するのを防ぐという、肌本来が持っているまさに「バリア」の機能です。

肌トラブルの原因には「肌が水分をうまく保持できていない」ことがあげられます。

つまり、肌が水分を保持できない→乾燥、かゆい→ひっかく→傷口などになる→肌のバリア機能が低下→アレルゲンの侵入→肌トラブル→さらにバリア機能低下..という状態です。

こういった悪循環の始まりの部分を改善しようというのがアトピスマイル クリームの主目的です。

先に述べた、即効性がそこまでない、というのは「水分保持機能を高める」ことは肌の基礎力を高めるものなので、やはり多少時間を必要とする(と思われる)ためです。
つまり、クリームを継続して使うことが必要だと思います。
筋トレとかと同じで、体が基礎から変わっていくには徐々に徐々に…というイメージでしょうか。
僕の場合は1週間~2週間で微妙に効果を感じ始め、1ヶ月でかなり効果を感じるようになりました。

いずれにせよ、目指すべきは「肌のバリア機能を正常な状態にする」ことです。

ステロイドもアトピスマイルも、目指しているゴールは同じです。
ただ、アプローチの方法や効き方が、少し違うということです。

ではなぜ「アトピスマイル クリーム」を使うかというと、(繰り返しになりますが)
やはり肌が本来持つ保湿力を高める、肌の内部から改善することが重要だからです。

ステロイドは、塗って炎症(かゆみなど)が消えれば、それ以上のことは基本ありません。
ただ、アトピーや乾燥肌の方ならわかると思いますが、
炎症・かゆみは、またすぐにぶり返しますよね?

理由は様々ですが、そのひとつはステロイドでは肌の内側の部分、基礎力そのもの、肌の水分保持機能が何もよくなっていないからではないでしょうか。
つまり、表面を抑えただけで、根本的な解決にはなっていない状態です。

アトピスマイルクリームはその根本的な部分に対し改善する効果があったと、1年間使った僕としては、実感しています

今では、ステロイドやアトピスマイルクリームなしでも、肌がカサカサしたり、ポロポロ落ちたりすることはほぼなくなり、割と自然な状態をキープできています。
結果的に痒みなどもかなりなくなりました。

アトピスマイルクリームは人によって合わない? 効果がない?

ネットなどでの口コミを見ていると、人によっては合わない、効果がないという方もいらっしゃるようです。
これに対して、実際に使用している僕の考え方は以下の3点です。

1、そもそも論になりすが、乾燥肌、アトピー肌を本当に改善するには、軟膏やクリームだけは厳しいと思います。あくまで「アトピスマイル クリーム」も肌改善をアシストするための1つです

このサイトの他ページにも記していますが、衣食住などの生活環境や、ストレス源などの見直し、など複合的なアプローチが必要です。話を摩り替えるつもりはありませんが、これらも同時にしっかりと見直す必要があります。
極端な例えですが、クリームをちゃんと塗ってても偏食や不規則な生活などを毎日していたら…改善の効果は薄いというのは目に見えますよね。

2、「アトピスマイル クリーム」は性質上、継続して使って効果の現れるものだと感じています。個人差もありますが効いたかどうかを感じるまでには、少し時間はかかると思います。
ステロイドなどとは同じ時間軸では考えないほうがいいです。

また、塗る頻度や量が少ないと効果を最大限に発揮できないと公式サイトにも書いてあるので、適用量を正しく使うことも必要でしょう。
公式サイトでは、「朝と晩の2回塗る、肌を清潔な状態にしてから塗る、既に赤く炎症を起こしているところは避ける←これかなり重要です」ということが上げられています。

3、とはいえ、人それぞれ全く肌に合わない、受け付けない、ということはあると思うので、試してみて合わないと感じたら、やめる決断も必要でしょう。
無理にアトピスマイル クリームにこだわる必要はないと思います)

ネットでの口コミ、評判を簡単にまとめてみると

amazonでの評価 ★4.5(★5点が最高)※口コミは引用
いい口コミ
「臭いもなく、ベタベタ感もなく、いい感じでした!リピした」
「とってもいい! 病院の先生からも、アトピーがひどいのに、このくらいの症状はすごいよと誉められました!あくまで、個人の感想です。」
悪い口コミ
「一度は改善したと思ったが、肌の調子が悪いときに購入したので悪化した。調子がよくなってから使用したい」

@cosmeでの評価 ★5(★7が最高)※口コミは引用
いい口コミ:
「酷い時は薬を塗って、少し治まってきたらアトピスマイルを塗って…の繰り返しで使い続けていたら、明らかに前より薬を塗る回数が減った」
「アトピーっ子でカサカサの2歳の子にも使用。化粧水を浸透させてから使ってます。
かなりお肌の感じがしっとりしてきて「かゆい」と言わなくなった。
これからまた乾燥が始まるっぽいので、入念に塗り込みます。」
悪い口コミ
「軽度アトピーの妹(敏感、微乾燥、軽アトピー、かぶれて赤くなりやすい)には合わなかったようです(・・;) 赤い跡ができてしまっていました。口コミを見ても同じような方が何人がいらっしゃいますね。購入を検討されてる方は、お試しサイズがあるので、そちらを少量ずつ試されるのをおすすめします。妹の場合、顔が駄目で腕には良かったようです。カサカサがマシになった」

■こういう口コミを見た僕の感想
amazonは口コミ数が少ないですが、@コスメの口コミ数はやはり多く、その多くが「効果を感じた」という評価の高いもののように見受けられました。
ほとんどの口コミは、僕の使用感や認識とも同じです。

まとめます

・「アトピスマイル クリーム」にはステロイドは入っていない

・肌そのものの保湿力を改善する効果、保湿成分の「セラミド」を増やす効果がある

・ステロイドとは性質が違う。抗炎症作用はない

・ステロイドと違い、副作用はない

・ステロイドと併用して使える

・アトピーや乾燥肌を内部から改善する作用がある

・まれに肌に合わない人もいる。使われているアルコール成分が原因と言われる

・僕の場合は2週間くらいで効果を感じ始め、1ヶ月するとかなり効果を感じた

・1年以上使った今は、ステロイドやアトピスマイルなしでも肌は割と普通に

・アトピスマイルだけでアトピーが改善したとは思っていない。複合的な対策は必要

・試す価値は大いにあると思うが、試して合わなければやめることも必要